CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
 ■ 主な登場猫たち ■

ひな
ひな(白黒猫16歳くらい)
2004年2月14日からこてち
の母と暮らす大きな女子


てっぺい
てっぺい白茶猫11歳)
2006年 夏生まれ
こてちと暮らす心優しき男子


はなび
はなび(シャムサビ猫9歳)
2008年 夏生まれ
こてちと暮らす強気な女子


食客A
食客A(白黒猫推定16歳)
食客にして毅然たる女子
☆ 2013年8月1日永眠


ゆめ
ゆめ(白黒猫7歳)
2006年夏生まれ
いもうとと暮らす内気な女子
☆ 2013年9月30日永眠


メリー
メリー(メインクーン9歳)
2006年3月生まれ
ウリと姉妹
2013年末、いもうとの家族に

☆ 2015年3月6日永眠

ウリ
ウリ(メインクーン11歳)
2006年3月生まれ
メリーと姉妹
2013年末、いもうとの家族に



Instagram

    ”Instagram"
  こてちのインスタ

 ■ 買わずに飼おう ■












東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

犬猫救済の輪

NPO法人犬と猫のためのライフボート〜子犬子猫の里親募集中〜

■ BOOKS & MORE ■












ひな姐さんご愛用の食器


はなびのお腹に消化器サポート



カビるわが家の必需品





換毛期になくてはならない逸品

 

■管理人よりお願いなど■
写真および記事の無断転載はお断りいたします。管理人が不適切と判断したコメントは、断りなく削除いたします。
当サイトはリンク・フリーですが、相互リンクはお受けしておりません。
なお記事に直接関係のない英語の質問にはお答えしかねますのでご理解くださいませ。
☆管理人へのメールは
neko2eigo☆yahoo.co.jp
(☆を@に替えてください)
までお願いします。
MOBILE
qrcode
<< 自転車操業は続く。 | main | 春分の日のおまけ。 >>
そこに壁があるから。



How about making a climbing wall here?

ここにクライミング・ウォールを作ったらいいにゃよ。

にほんブログ村 英語ブログへ   そだね〜。  人気ブログランキングへ
 

climb = 登る、よじのぼる、昇っていく

のっけから雑談でございます。
カタカナ書きの耳慣れない言葉や、自分のなかで定着しすぎて本来の意味を追求することすらしなかった言葉が、実はこの単語のことだったのか、と驚嘆に近い念に打たれることが多々ありまして、これは何年も前にボルダリングbouldering だと知りました。boulder (巨岩)を登るわけですね。納得です。先日はラジオのアナウンサーの口から何度も聞いていながらカタカナ語の意味を追求することすらしなかった「カフを下げる、上げる」という、あのカフcough(咳)のことだと知ってびっくりしたところです。急に咳き込みそうになったときにミキサーさん頼みでは間に合わないのでアナウンサー自身でマイクをオフるのか、そうだったのか、と膝を打ちました。ピョンチャン・オリンピックは「はぁー、そうだったのか!」の宝庫だったのに、ここですっと思い出せるのはアイスダンスのツイズルのみ。解説者が連呼するツイズルの響きがなんとも不思議だなぁと思って調べたら twizzle でした。twで始まる単語はツイッターでもそうであるようにツイになるのか、そうかそうか、と思ったものです。
まさしく雑談のみで撤収するわけにもいかないような……。

Are you saying you actually climbed this wall without any tools?
つまりこの壁を道具なしで登ったってわけなの?!

はなびん、ここにあのカラフルなクライミング・ウォールがあったら楽しかろうね。

このデッキの壁面がガラス窓とアルミ板で囲われていて猫の爪は立たず、登れないという大前提があるからこそ、きみはそこで日光浴しているんだけどね。

にほんブログ村 英語ブログ  猫  人気ブログランキング
 

| はなび | 09:31 | comments(4) | - |
コメント
あー、その感じ、わかります! 私はスポーツ観戦の習慣がないので、新聞の見出しで「お?」と思うだけでしたが、今回の平昌で目についたのは「パシュート」。前後して「追い抜き」という単語が目に入り、どうやらどっちも同じ競技名であるらしいとわかって、ああ、そういうことか、と納得したのですが、私の貧しい語感では「追いかけ」のほうがいいような気もしたりしたのでした。この件については、日本語としてもおもしろい現象だったので、いずれ記事にしようかなと思って、写真だけは撮ってあるのでした。いずれそのうち、書く書こう書ければいいな。

はなびん、せっかくの野心に水を差すようだけれども、貴女がそこにいると、その、爪を立てたときの音を想像してしまって、ひ〜〜。
| ニャンタのおば | 2018/03/20 5:15 PM |
クライミング ウォールにしたとして、スイスイと登るお嬢が想像できないのはわたくしの想像力不足でございましょうか
| ねんねこ商会 | 2018/03/22 7:33 AM |
☆ニャンタのおばさん、
ああーーー、それそれ、パシュートです。オリンピック関連で思い出さなかった言葉のひとつ。確か前回の冬季オリンピックでは「追い抜き」という名称だったと思います。その追い抜きとpursuitが頭のなかで重なったときにはびっくりしましたもん。なるほど意味としては「追いかけ」ですね。抜かないと勝負にならないけれど、オリジナルの名称がどうしてついたのかも気になってきました。
日本語の考察、書くの活用が過去形に至る日を楽しみにしております〜〜♪

☆ねんねこ商会さん、
たいへんに正常な想像力をお持ちだと存じます。ええ。
| こてち | 2018/03/22 9:08 PM |
我が家で購読している某新聞ではパシュートという言葉を使わず、
かたくなに「団体追い抜き」と書かれていました。
まだ日本語名称が統一されていないのでしょうか?
team pursuit なので「団体」を残している点では某新聞の方が
忠実?と思ったり。

てっちゃんがスイスイとクライミングウォールを登れば、はなびんも
必死の形相で後に続くかもしれませんね。
| 三毛猫 | 2018/03/22 9:25 PM |
コメントする