<< 日曜日のおまけ。 | main | お見通し。 >>
2017.12.04 Monday

猫団子のわけ。



We huddle for warmth, that's all.

寒いからくっついとくってだけにゃ。(てっちゃん談)

にほんブログ村 英語ブログへ   総じててっちゃん次第。  人気ブログランキングへ
 

that's all = それで終わり、それだけのことだ、これ以上もう言わない

That's all for today.
今日はこれでおしまい。

That's all there is to it.
それだけの話です。
(ほかにはなにも言うべきことはない)

We just had luch together, that's all.
一緒にお昼を食べただけのことです。

I needed some time off, that's all.
ちょっと(仕事などを)休む必要があっただけです。

この通称てっちゃん椅子の真ん中にはヒト用のゆたぽんが仕込んであるとは言え、温もりを求めるだけならばヒーター入りドームベッドのほうが暖かいしそれで事足りると思うけれど、たまには、不承不承に始まったとしても、こうやって猫団子ができる間柄。悪くないよね、てっちゃん、そうだよね、きっと。


こういうとき、少なくともはなびんはうらやましいくらいしあわせそうに見える……。


以下温もりつながりだけの長い余談 レンコン いつも拝見しているインスタで、紺地に「練炭」の文字を染め抜いた前掛けを目にしました。今は「練炭」というものすらご存じないかたが多いと思います。わたくし自身は火鉢こそとても身近な存在でしたが、練炭を使ったことはないと記憶しています。それでも子供の頃は誰でも「練炭」を知っていました。粉末にした石炭を筒状にかためてレンコンのように穴をあけた燃料ですが、今「練炭」で検索すると〈自殺〉という物騒な言葉がくっついてくるので、ああ、そうか、一酸化炭素中毒かと。昔の日本家屋に気密性なんて無縁でしたっけ。
さて、そのインスタ写真を見て一番最初に頭に浮かんだのが「練炭の十二の赤い目」という、たしかこの一行だけだった短い詩です。小学校(だったと思う)の教科書に載っていました。家のなかが隅々まで明るい今と違って薄ぼんやりした明るさのなかで、もしくは暗い土間かどこかで、寒い日にかんかんに熾きた練炭の12の穴がくっきりと真っ赤に見える様子が、子供心に緊張感があって好きだったことをよく憶えています。久しぶりに思い出してあらためて感動してしまったくらいに。さすがに大昔のことゆえ、この詩をご存じのかたはいらっしゃらないかなぁ。


にほんブログ村 英語ブログ  肉球  人気ブログランキング


2018s200.jpg

猫ネコ英語卓上カレンダー発売中です 音符
画像を クリック クリック、別サイトへ飛びます。
 

コメント
この詩!私も憶えています!小学校何年生だったか、教科書に載ってましたね!
習った時、なぜか練炭ではなく達磨ストーブの中の炭かコークスが部分的に赤くなっている画像を想像して、のちに間違いに気づいたのでした。ああ、懐かしい。

練炭、達磨ストーブはともかく コークスって わからない人多いでしょうね〜。
  • ナッツ
  • 2017.12.04 Monday 18:40
☆ナッツさん、
ナッツさん! コメントをありがとうございました! ググってみるとおひとりだけブログで言及していらっしゃる方を見つけたので、わたくしが夢を見ているのでも思い込んでいるのでもないことだけはわかったんです。恐る恐るここに書いてみたものの、どうだろうなぁと不安半分。ナッツさんが懐かしんでくださってよかったわ〜〜♪ 練炭、だるまストーブ、コークス、昔は裸火が身近でしたね。今は勝手にたき火も御法度ですから。
「練炭の十二の赤い目」は子供が書いたものなのかどうなのか、それも思い出せないんです。三好達治の「……太郎の屋根に雪降りつむ」に近い辺りに出ていたような気がするんですけれど、これはまったく自信がありません。これからも調べてみます!
  • こてち
  • 2017.12.05 Tuesday 12:10
はじめまして。
私も小学生の時に国語の教科書で知り....
「停電の夜 練炭の 十二の赤い目」真っ暗闇に赤い目!この詩の何とも淋しいまでの昭和の情景が今も脳裏にあり、ずっと気になっていたのです。勿論、ど田舎練炭豆炭世代(笑)!この詩 FBで尋ねても誰方もご存知なくて。ググったらコチラに招かれ感激しました!長年の思い 共有できて嬉しいです。
誰方の詩なんでしょうね?
  • じゅんじゅん
  • 2018.03.31 Saturday 19:50
☆じゅんじゅんさん、
初めまして、ようこそたどり着いてくださいました。
折悪しく自動更新にしておりましたので、今頃お返事になってしまい、読んでいただけるかどうかわかりませんが「停電の夜」の部分を書いてくださって本当にありがとうございます。そうでしたね。停電の夜でした。この詩を教科書で読んだとき、停電はまだまだ珍しいことではなかったなぁと、あらためて思いました。こちらこそうれしくて、また出自を探求したくなりました。
コメントをありがとうございました!
  • こてち
  • 2018.04.08 Sunday 20:47
☆こてちさん
たった今、お返事拝読いたしました。
2ヶ月近くも気付かず大変失礼しました!
まさかお返事頂けるなんて思ってなかったんです。たまたま猫ちゃん見たいなって思って久しぶりに伺って....そしたら...お返事すごく嬉しかったです。あれから数人にこの話(練炭の赤い目)をしましたが、やはりご存知の方には逢えませんね(笑) 昔は 停電の度にローソクを持ち出し、溶けたロウを垂らして小皿に固定する。停電の夜が好きな少女でした(笑) 温かな炎の色...なんとも風情のある時代でした。ありがとうございました!
  • じゅんじゅん
  • 2018.06.04 Monday 16:30
☆じゅんじゅんさん、
ロウソクの下りが懐かしすぎる〜。日常でしたよね。
これからも「練炭の十二の赤い目」を聞いて回ります!
  • こてち
  • 2018.06.05 Tuesday 12:40
☆こてちさん、こんばんは!
私も「 練炭.... 」尋ねて廻りたいと思います。
この御縁 嬉しかったです。
ありがとうございました。(ペコリ)
  • じゅんじゅん
  • 2018.06.05 Tuesday 23:47
コメントする








 
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
 ■ 主な登場猫たち ■

ひな
ひな(白黒猫17歳くらい)
2004年2月14日からこてち
の母と暮らす大きな女子


てっぺい
てっぺい白茶猫12歳)
2006年 夏生まれ
こてちと暮らす心優しき男子


はなび
はなび(シャムサビ猫10歳)
2008年 夏生まれ
こてちと暮らす強気な女子


食客A
食客A(白黒猫推定16歳)
食客にして毅然たる女子
☆ 2013年8月1日永眠


ゆめ
ゆめ(白黒猫7歳)
2006年夏生まれ
いもうとと暮らす内気な女子
☆ 2013年9月30日永眠


メリー
メリー(メインクーン9歳)
2006年3月生まれ
ウリと姉妹
2013年末、いもうとの家族に

☆ 2015年3月6日永眠

ウリ
ウリ(メインクーン12歳)
2006年3月生まれ
メリーと姉妹
2013年末、いもうとの家族に





Instagram

    ”Instagram"

■買わずに飼おう■












東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

犬猫救済の輪

NPO法人犬と猫のためのライフボート〜子犬子猫の里親募集中〜

■BOOKS & MORE■


























ひな姐さんご愛用


はなびのお腹に欠かせません



カビるわが家の必需品





ないと困り果てる!

 

■ 管理人より ■
お立ち寄りくださいましてありがとうございます。
写真および記事の無断転載はご遠慮ください。管理人が不適切と判断したコメントは断りなく削除いたします。
当サイトはリンク・フリーですが、相互リンクはお受けしておりません。
なお記事に直接関係のない英語に関するご質問にはお答え致しかねますのでご理解くださいませ。
☆管理人へのメールは
neko2eigo☆yahoo.co.jp
(☆を@に替えてください)
までお願いします。
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM