<< 勤労感謝の日のおまけ。  | main | 土曜日のおまけ。 >>
2017.11.24 Friday

おとな猫にもお家を・番外編。



先月、いつものようにY動物病院へ

ひなさんの薬をもらいに出かけると、

奥から猫の大きな鳴き声がする。


「入院ですか?」

と、雑談のつもりできいたところ、

詳細は省きますが、

行き場を失った高齢の猫さんが居候していると。


「残された時間を静かに過ごしてもらって看取る」

つもりが、

びっくりするくらい元気だった

とのこと。


会わせてもらったら、

いきなりおでこごっちんで

スマホでは太刀打ちできない。


血統書があるので、

年齢は確かに18歳のベンガル男子。







すたすた歩き回る様子や、

親愛の頭突きは、

5歳? 7歳?

せいぜいてっちゃんくらい?

にしか見えない。







こんなジャンプ力もあり!






これには本当に驚いた。


食餌をきちんと調整したら、

毛並みがどんどんよくなったそうで、

ぴかぴかで手触りがとてもやわらかい。


水を飲むときに手をつっこんで

ばしゃばしゃする癖があるそうだけれど、

水飲みの場所は決まっているものだから

いっそかわいいだけである。


目をのぞき込むと年齢が現れているし、

健康面の問題も相応に抱えているけれど、

今すぐどうなるような状態でもないから、

「もう一度お家に入れるといいですね」

と話して帰宅した。


そのうちカメラを持っていって、

などと考えていたら、

トントン拍子にお家が見つかったそうです。


飼い猫を亡くし、また猫と暮らしたいけれど、

年齢を考えて諦めていたご夫婦のお家へ。

娘さんは動物病院の看護師さん。

完璧なご縁ではなかろうか。


  ヒトが好きで、

どうやら猫は仲間として認識していない彼が

またひとりっことして

かわいいかわいいと撫でてもらったり、

膝の上で丸まったり

してるだろうかと想像すると心底うれしい。


高齢の飼い主さんとのふたり暮らしでも、

人見知りしないおとな猫でいてくれたのが

なによりだったなぁと思います。



レオ爺、

まだまだ存分にごっつんごっつんして

ぬくぬくと暮らしてください。




思いを新たに、


おとな猫にもお家を!




 

うれしい肩すかしでした。

にほんブログ村 英語ブログへ 


 
コメント
 こういううれしいお話は、むねの奥の方が
ほっこりしますね〜〜

 レオさん、新しい家族ができてよかったねー!!
  • nonoji
  • 2017.11.24 Friday 12:27
できうれば、自らがこのような話題の主に
なりたいと思えどままならぬ中、
ハッピーエンドにしてハッピースタートの
良いお話がうかがえて嬉しゅうございます。
レオ爺、目指せ奇跡の30歳!
お水バシャバシャ楽しいぞ〜い♪

オトナ猫にこそお家をっ!
いえ〜〜〜いっ!
  • 藏ゆ
  • 2017.11.24 Friday 14:24
とてもいいものをいただきました。
レオ爺にかかわられた素敵な皆さん どうもありがとうございます。
レオ爺とご家族が穏やかで満ち足りた日々でありますように。
すべての猫を引き受けたい。
でもそれは無理。
お互いによくない。
だから自分の身にあったことをやるだけ。
それと傍にいる子らと最後までいっしょに過ごす。
こてちさん おとな猫その魅力の発信 ありがとうございます。
  • きゃろりん
  • 2017.11.25 Saturday 07:51
おお〜、寒さの募るこの季節に、なんとこころ温まるお話でしょう。
コタツに、ミカンに、ベンガル♪
あたらしいご家族はご高齢とのこと、ゴッチンは少し手加減なされ。

それにしても食餌はほんとにたいせつなんですね。
拙宅の黒っぽい姐さんも、めきめき復調しましたもん。
何もかもを年のせいにして諦めちゃいかんのですよね。
自戒を込めて、しみじみ思います。
嬉しい話だな〜。

最近、涙腺が弱くて。
  • 伽美
  • 2017.11.25 Saturday 09:52
こういう嬉しい肩すかしはどんとこいですね♪
スタスタ歩いてジャンプして水飲みパシャパシャ。
そりゃあかわいらしさも倍増ですわ。
幸せに向かってそれ行けごっつん!
なんと手触りのよさそうな毛並みでしょう。
レオさんも新しいご家族も、こうしてお話をきいただけの
私も幸せです。
こてちさん、素敵なお話とぴかぴかレオさんの写真をありがとうございます。

後に続くおとな猫がたくさんいますように!
  • 三毛猫
  • 2017.11.26 Sunday 00:38
☆☆みなさま、レオ爺のしあわせをご一緒によろこんでくださってありがとうございました

☆nonojiさん、
レオ爺は強運の持ち主でした。新しいご家族にもすぐなれるだろうと思います。心配はしていないけれど、「がんばれ」って一応言っておこう。

☆蔵ゆさん、
奇跡の30歳を目指してほしいですね〜〜♪ レオ爺ひとりくらい引き受けたいくらいのわたくしに、先生は苦笑いで「てっちゃんがいるから」とおっしゃいました。逆にがんばれてっちゃん!
おとな猫にこそお家を!

☆きゃろりんさん、
ヒトに限らず生きている限り、一寸先のことはわからないものですから、不可抗力で飼い主と離ればなれになる猫たちがせめてむごい目に遭わないようにお手伝いをしていきたいですね。明日はわが身かもしれないんですから。レオ爺はまーだまだ
身軽なハンサム爺でしたよ♪

☆ニャンタのおばさん、
レオ爺の人なつこさが大きなチャンスを生みました。新しいご家族はご高齢という年齢ではないんです。わたくしより少し先輩なくらい。仔猫を飼うには年齢が、というお気持ちだったと思います。おとな猫と暮らすという選択肢があることはきっとそれまで念頭になかったのでしょう。ですからまだまだ存分にごっちんして大丈夫!
医食同源。ウエット系のごはんばかり食べていたらしいんですが、適切なドライ中心に変えたところ、シルキーな被毛になりました。グリコさん、ぶいぶい言わせてくださいね〜〜♪

☆伽美さん、
レオ爺のしあわせを涙腺をゆるませてよろこんでくださってありがとうございます!

☆ぽぽろさん、
そうですとも、どんと来い肩すかしです。好奇心があってよく動くし、大きな声でスタッカート鳴きするし、ソファにジャンプもお手のものだし、飲み水は引っかき回すし……、仔猫か?!って感じです。新しいしあわせをごっつんごっつん切り拓いていってほしいです。心配はしてませんけどね♪

☆三毛猫さん、
やわらかくてほんと〜〜に素敵な手触りですよ。ハンサムでぴかぴかな写真を撮りたかったんですけど、うれしい肩すかしを食らいました。久しぶりにおとな猫の新しいしあわせを実感させてくれたレオ爺です。
  • こてち
  • 2017.11.28 Tuesday 14:49
コメントする








 
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
 ■ 主な登場猫たち ■

ひな
ひな(白黒猫17歳くらい)
2004年2月14日からこてち
の母と暮らす大きな女子


てっぺい
てっぺい白茶猫12歳)
2006年 夏生まれ
こてちと暮らす心優しき男子


はなび
はなび(シャムサビ猫10歳)
2008年 夏生まれ
こてちと暮らす強気な女子


食客A
食客A(白黒猫推定16歳)
食客にして毅然たる女子
☆ 2013年8月1日永眠


ゆめ
ゆめ(白黒猫7歳)
2006年夏生まれ
いもうとと暮らす内気な女子
☆ 2013年9月30日永眠


メリー
メリー(メインクーン9歳)
2006年3月生まれ
ウリと姉妹
2013年末、いもうとの家族に

☆ 2015年3月6日永眠

ウリ
ウリ(メインクーン12歳)
2006年3月生まれ
メリーと姉妹
2013年末、いもうとの家族に





Instagram

    ”Instagram"

■買わずに飼おう■












東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

犬猫救済の輪

NPO法人犬と猫のためのライフボート〜子犬子猫の里親募集中〜

■BOOKS & MORE■


























ひな姐さんご愛用


はなびのお腹に欠かせません



カビるわが家の必需品





ないと困り果てる!

 

■ 管理人より ■
お立ち寄りくださいましてありがとうございます。
写真および記事の無断転載はご遠慮ください。管理人が不適切と判断したコメントは断りなく削除いたします。
当サイトはリンク・フリーですが、相互リンクはお受けしておりません。
なお記事に直接関係のない英語に関するご質問にはお答え致しかねますのでご理解くださいませ。
☆管理人へのメールは
neko2eigo☆yahoo.co.jp
(☆を@に替えてください)
までお願いします。
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM