CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
 ■ 主な登場猫たち ■

ひな
ひな(白黒猫16歳くらい)
2004年2月14日からこてち
の母と暮らす大きな女子


てっぺい
てっぺい白茶猫11歳)
2006年 夏生まれ
こてちと暮らす心優しき男子


はなび
はなび(シャムサビ猫9歳)
2008年 夏生まれ
こてちと暮らす強気な女子


食客A
食客A(白黒猫推定16歳)
食客にして毅然たる女子
☆ 2013年8月1日永眠


ゆめ
ゆめ(白黒猫7歳)
2006年夏生まれ
いもうとと暮らす内気な女子
☆ 2013年9月30日永眠


メリー
メリー(メインクーン9歳)
2006年3月生まれ
ウリと姉妹
2013年末、いもうとの家族に

☆ 2015年3月6日永眠

ウリ
ウリ(メインクーン11歳)
2006年3月生まれ
メリーと姉妹
2013年末、いもうとの家族に



Instagram

    ”Instagram"
  こてちのインスタ

 ■ 買わずに飼おう ■












東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

犬猫救済の輪

NPO法人犬と猫のためのライフボート〜子犬子猫の里親募集中〜

■ BOOKS & MORE ■












ひな姐さんご愛用の食器


はなびのお腹に消化器サポート



カビるわが家の必需品





換毛期になくてはならない逸品

 

■管理人よりお願いなど■
写真および記事の無断転載はお断りいたします。管理人が不適切と判断したコメントは、断りなく削除いたします。
当サイトはリンク・フリーですが、相互リンクはお受けしておりません。
なお記事に直接関係のない英語の質問にはお答えしかねますのでご理解くださいませ。
☆管理人へのメールは
neko2eigo☆yahoo.co.jp
(☆を@に替えてください)
までお願いします。
MOBILE
qrcode
<< さらにおもてなし。 | main | おもてなし番外編 #2。 >>
おもてなし番外編。



おもてなし前に、『里親よもやま話』に登場予定の

わんこに会ってきました。


この日の主役

2歳半の女子
ペティさんは
















雨上がりや春先は

とりわけいろんな匂いが立ちのぼるらしく、

丁寧に、丁寧に、嗅いでいきます。



「ペティさん、こんにちは!」と言うと、

カメラのヒトの(多分)猫臭をくんくん、

草むらをくんくんくん。

階段も一段ずつくんくんくんくん。


かぐわしいったらない 音符




そんなわけでずっと俯きっぱなしなので

ゆっくりお顔を見せていただこうと

のっけからおやつタ〜〜イム。


はい、みなさま、ペティさんです!





おやつ〜〜 s




この日はすばらしい晴天でした。






せっかくのお天気なので、

ロングリードに付け替えてみましょうか、

ということで、

飼い主Sさんはリードをたすき掛けにして、

疾駆する猟犬をコントロールする準備……





を、するも…… ……、




ロングリードのペティさんはまたしても、


嗅ぐ。





きまじめなのです。




カメラのヒトのくんくん写真量産を見かねて

飼い主Sさんが小枝を手に誘ってくれました。






















ようやくこっちへ来た来た〜〜


 音符音符 ひゃっほ〜〜〜う 音符音符



↑ここに木の枝



スタイル抜群でかっ飛ぶさまは

文句なしにかっこいい!




枝をゲットして






あぐあぐタイム開始。





太陽の下であぐあぐ。





江ノ島をバックにあぐあぐあぐ。





しあわせのあぐあぐ。





すっかり湘南わんこになったペティさんは

6ヶ月くらいのときに、

他県の山で
保護されました。


「野犬」という言葉が浮かぶようなお話。


犬を飼うなら保護犬と決めていらした里親Sさんは

ご主人と腹をくくって迎えたそうですが、


まーーったく杞憂だったとのこと。



その肩すかしのいい子っぷりは、

『里親よもやま話」にアップされたときのお楽しみ。










こんな調子で

なにからなにまでくんくんしながら歩くのは

とても時間がかかります。

朝夕ゆっくりのんびりのお散歩だそうです。



警察犬の試験に通るんじゃなかろうか、と
本気で考えたくらいの真剣さです。
「嗅ぐ」と「嗅ぎ分ける」は
別物なのかもしれないけれども。





撫でさせてくれたペティさんの毛並みは

しっとりとやわらかくて

それはそれは素敵でした。



生きててよかった。

しあわせになってほんとによかった。



ペティさん、

最後にまっすぐ凜々しいお顔を見せてくれて

ありがとう!





ほれぼれします。


Sさま、ありがとうございました。



『里親よもやま話』掲載の折は
お知らせいたします。


お楽しみに 音符




 
春はいい匂いに満ちているんだね greens

にほんブログ村 英語ブログへ


おもてなしを自動更新しています。



 猫 ハート いぬ 

『動物愛護法改正』を求める署名活動
http://miyokoasada.com/


けんた ハート いぬ 

こちらも嘆願書の署名を集めています
ミグノンプラン

 
| | 00:00 | comments(5) | - |
コメント
猟犬はペットと違って、号令一つで戻ってこなかったりすると
そのまま置き去りにされたりすることがあるそうです。
猟犬を卒業できて、ほんっとによかったねペティさん。
これからは毎日たくさん嗅ぎまくれるんだよ。
楽しいねぇ、嬉しいねぇ。うんと撫でてお貰いなさいね。
ずびびーー(鼻をかんでいる)
| 藏ゆ | 2017/04/10 10:19 AM |
もうずいぶん前のことになります。
レンタカーで某山中の廃道に近いような峠道を越えたとき、
猟犬だったらしき2頭の大型犬に会ったことがありました。
あばらが見えるほどやせこけて、怖いほどに人懐こくて。
あまりに必死で寄ってくるので、たまたま持っていた菓子パンを
2つにちぎって左右に投げ、一目散に逃げだしました。
あっという間にパンを一飲みした2頭は、車を追って来ました。
当然ですね。
バックミラーを見ながら、泣けて泣けて泣けて......
ようやく2頭が諦めてから、車を路肩に寄せて大泣きしました。

あのパンは、2頭のむごい生の残りを長引かせただけになったことでしょう。
許せない、捨てたニンゲン、ぜったい許せない。
ハンパな同情でパンを投げ与えて逃げた自分もひっぱたいてやりたい。
何十年たっても忘れられない悔いと思い出です。
ペティさんのまっすぐな目に、うつむいて鼻をかんでます。
| ニャンタのおば | 2017/04/10 11:32 AM |
コメを読む前から目の前が曇っていた私、お二人のコメを読んでしまい、もう涙が止まりません〜〜
鼻かんで、顔拭いて、チョット休憩して、PC 前に戻りました・・・・・
矢張り何十年も前、兄が、丹〇山の中にいた!と、仔犬を拾って帰宅。
どうして、仔犬が!?と怒り狂ったことを思い出しました。
その後も、名水を汲みに来るところにいつも大きな犬が居る!
捨てた飼主を待っているらしい…という情報も……
飼主に忠実な犬ほど、捨てられた場所に留まり、迎えを待ちつづけるといいます。
怒りで胸が痛いです。

ペティさん、元気でいてね!!これしか言えない…
| himetarou | 2017/04/10 2:00 PM |
何十年も前、父が飼い犬を山に運動(散歩に非ず)に連れて行っていました。 帰る時間になっても戻ってこないので翌日迎えに行くと放した場所で待っていました。
別の犬は、何十キロも離れた所に預けたところ脱走したとの連絡が入り、一週間後に自力で戻ってきました。 痩せ細ってはいましたが、無事に戻ってきたことに驚きました。

動物の信頼を人は裏切ってはいけません。

ベティさん、いいお家に迎えられてよかったね。
| おっチョコ | 2017/04/10 7:46 PM |
☆☆みなさま、
ただの猫飼いであるわたくしが保護犬のことを書くときは、はしゃぎすぎないように、誰も傷つけないように、責めないように、胸を張らないように、でも今のしあわせを感じてもらえるように、何度も何度も推敲してたっぷり考えすぎてしまうんです。ですからコメントをちょうだいするとほっとします。心を寄せてくださってありがとうございました。しっかし今回はもらい泣きが激しすぎてどうにもこうにも……。

☆蔵ゆさん、
彼女が猟犬だったかどうかはわかりませんが、プロットハウンド(のミックス?)なのでその可能性は高いです。それはそれはくんくんするので、朝の散歩を終えて家事をこなすとすぐに夕方のお散歩時間になるんだそうです。しあわせなペティさん♪

☆ニャンタのおばさん、
そんな思い出がおありだったんですね。胸に抱えているのはさぞお辛いことと思います。おばさまと犬たちにそんな思いをさせるな、どこぞのニンゲン!!! 

☆himetarouさん、
わたくしもうっかり出先で読んでしまいまして、危なくおかしなヒトになるところでございましたよ。そんな忠誠心など値しない裏切ったニンゲンに鉄槌を!

☆おっチョコさん、
犬とニンゲンの関係は徐々に変化していると思いますが、信頼関係を一方的に裏切る行為は今も昔ももってのほか。ペティさんの幸運を喜びたいと思います。
| こてち | 2017/04/14 1:26 PM |
コメントする