<< ゆめちゃーん。 | main | Aさん、またね。 >>
2013.08.01 Thursday

☆ お知らせ ☆


8月1日未明

枯れ葉のように軽くなって

食客Aさんが旅立ちました。


2005/7/29

24日間の家猫生活でした。


のちほどあらためて。

コメント
Aさん、おつかれさまでした。
こてちさん、おつかれさまでした。
そして、おふたりとも、ありがとうございました。
Aさんからは、家猫とはまったく違う生き物としての
きっぱりと穏やかな生き方を、見せてもらいました。
こてちさんには、そんな生き方をする猫との関わり方を、示していただきました。

はじめから24日間と「期限」がわかっていたわけではない。
こてちさん、ほんとうにたいへんだったと思います。
せめて今は、悲しみとお疲れを癒す静かな時間をお過ごしになれますように。
こてちさん、ありがとうございました。
Aさんは最期に穏やかに過ごせる場所をちゃんと知っていたのですね。
凛としたそのお顔、忘れません。
こてちさん、Aさんとの素敵な関係をありがとうございました。
  • しまみけ
  • 2013.08.01 Thursday 09:19
なんのなんの、Aさんは羽のように軽くなったのでございますよ。
軽やかに、橋を渡るために。

  姿を消して気をもませるよりは
  いっそアンタに看取ってもらおうじゃないの

そんなお気持ちではなかったかと。。。

  なかなかよくやっていたわよ

Aさんのお声が聞こえるようです。

こてちさん、ワタシたちも
Aさんのために涙を流すことをお許しくださいませ。

気高いAさん、こてち家を選んでくっださってありがとう。
こてちさん、ノラに見込まれるなんてスゴイことです。
行きずりのはずなのに、看取れるなんて、スゴイスゴイ。。。

ひ〜ん。。。
  • 藏ゆ
  • 2013.08.01 Thursday 09:27
食客Aさん、どうぞ安らかにお眠り下さい。
こてちさん、おつかれさまでした。
お二人とも、お見事でした。
  • おっチョコ
  • 2013.08.01 Thursday 09:38
Aさん、いつもきりりとしたお姿であらせられました。

あちらでのんびりとお過ごし下さいませね。


こてちさん、うまく申し上げられませぬが、ありがとうございました。
  • ねんねこ商会
  • 2013.08.01 Thursday 10:01
Aさんはご自分の最後をこてちさんに託したんだなあと。
こてちさん、すごいことですよ。猫さんに「選ばれる」なんて。

蔵ゆさんの書かれたように、Aさんは何も言わずに姿を消すより
看取ってもらうことを選んだんだと思います。

こてちさん、ありがとうございました。
Aさん、いずれまたいつかどこかで。
  • coocoo
  • 2013.08.01 Thursday 10:03
そうですか…旅立たれましたか。

食客Aさん、外猫として誇り高く思うとおりに猫生を
生きてこられ、最後はこてちさん家を緩和病棟として
自ら選び、ある意味幸せだったのかも知れませんね。

 私もAさんをお手本に過ごしたいと思います。
安らかにお眠りくださいね。

 こてち家のみなさま、お疲れ様でした。
こてちさん家で過ごした24日間のAさんは、とても幸せだったと思います。
  • nonoji
  • 2013.08.01 Thursday 10:07
Aさん、きっとこてちさんに看取られて
安寧な気持ちで旅立たれたと思います。

ありがとうございます。

Aさん、やすらかに。
  • 伽美
  • 2013.08.01 Thursday 10:27
あっぱれな自由猫のAさん、最後にちょっとだけ家猫っていうのも
経験してみようかと思ったのでしょうか。
この写真のちょっと文句言ってるような口元がAさんらしいです。
こてちさん、ありがとうございました、そしてお疲れ様でした。
  • 三毛猫
  • 2013.08.01 Thursday 10:32
7月15日のブログを読んだ時に、外ネコさんでも家に
入って来ることってあるんだ〜と思い読んでいました。
でも、それは「この人なら私の事を任せても大丈夫」と
思えたからの行動だったんでしょうね。
2005年5月に登場してから8年間。外ネコさんとはいえ、
てっちゃんやはなびんとの関わり、外ネコさん同士の関係を
一喜一憂しながら見守られてきたかと思います。
全てを知っている人だからこそ、こてちさんの「動きたく
なくなったら、ここへおいで」と言う言葉もちゃんと
食客Aさんには伝わっていたんだと思います。
本当にこてちさんには心を許し、安心していたんだと
思いますよ。
枯れ葉のようになんて言わないでください。
蔵ゆさんの言うように、羽のように軽くなって飛び立てる
準備をして羽ばたいていったんですから。
どうぞお気を落とされぬよう。てっちゃんやはなびんが
心配してしまいますから。
こてちさん、てっちゃんにはなびん、お疲れ様でした。
こてちさん、外ネコさんに幸せをありがとうございました。

  • うらまろ
  • 2013.08.01 Thursday 11:32
お疲れさまでした。
  • Orendaの母
  • 2013.08.01 Thursday 12:02
そうですか、、、。
おつかれさまでした。
こてちさんもAさんも。
そしてありがとうございました。
ひとりだって生きていけたけど、あのニンゲンと知り合えたのは、まあよかったわ。
なんて思いながら旅立ったのでしょうか。
ワタクシの大事な友人と同じ命日ですよ、Aさん。
酒飲みのおじさんだけど、会ったらよろしくお伝えくださいませ。
Aさん、すべてがカッコよかったよ!
良い猫生、見せてもらいました。
また、会いましょうね。

こてちさん、お疲れさまでした。

  • みわこ@奈良!
  • 2013.08.01 Thursday 13:01
猫ネコ英語ではひな姐さんに比肩する姐御の食客Aさん、きりっと生きて、最後には人の手に任せる度量の深さに、心からの尊敬を捧げます。

こてちさん、看病お疲れさまでした。
合掌。
  • ばん
  • 2013.08.01 Thursday 13:04
Aさん、安らかに。

こてちさん、素敵な写真ですね。
目が少し笑っている、ラブリーなAさん。またいつか。
  • mikimo
  • 2013.08.01 Thursday 13:07
うちの先代猫と同じく、ハチワレのAさん。
きっと“しあわせな晩年”を送られたことと思います。


こてちさん、おつかれさまでした。ありがとうございました。

Aさん、グッバイ。


てっちゃん、はなびん。こてちさんのこころを温めて
あげるんにゃよ。
  • misa
  • 2013.08.01 Thursday 15:12
ただただAさんらしく生きたんだなと思うともう胸が詰まって
何も言えません。
お疲れさまでした。
そして気高く崇高なAさん、またいつか。
  • toki
  • 2013.08.01 Thursday 16:34
Aさん、こてちさま、お疲れ様でした。
猫さんは全て分かってるって言いますものね、Aさんはこちてさまを信頼されて最後を委ねたんですね。
Aさん、幸せでしたね。
Aさんは、こてちさんを見込んでらしたのですね。
お疲れ様、Aさん。
こてちさんも、お疲れ様でした。
虹の橋を渡っても、きっとキリリされているのだろうなと、Aさんを思える私達。
彼女の置き土産ですね。
ありがとう。
  • まちぼに
  • 2013.08.01 Thursday 17:35
虹の橋の向こうへ引っ越すまでのトランジットに
こてち家を選んだのは至極当然のことかもしれません。

「あんたんちを終の棲家にしたげるわ」

下僕としては最高の名誉、ですね。
こてちさんはとても切なく大変な日々だったと思いますが
また会う日を楽しみに。
Aさんもこてちさんもお疲れ様でした。
  • umineko
  • 2013.08.01 Thursday 18:40
こてちさん、Aさん、お疲れさまでした。
賢くて凛としたAさんのことです、
自分が望んでいた事
こてちさんにならと託したのだと思います。
今日の写真のAさんもキラキラしていて愛おしいです。
みごとな猫生、見せていただきありがとうございました。
Aさん、軽やかに旅立たれたのですね。お疲れ様でした。
凛、としたお姿、忘れません。

過剰に接することなく、最後までAさんらしく見守ってくださったこてちさん。
本当にありがとうございました。
いつかは迎えねばならない時ですが、辛くとも旅立ちを見送れたことは幸せなことかもしれませんね。

Aさん、ありがとう、またね。
実は最近こちらを訪問するのが怖かったのです。
ついにその日が来てしまい、食客Aさんは旅立たれてしまったのですね。
Aさんのご冥福を心からお祈りいたします。

「ちょっと体がしんどくなったから世話になるわよ」と家に入られたAさん。
猫ながらあっぱれ、というより、猫だけにあっぱれでした。
そして、そんなあっぱれなAさんに最後のときを託されたこてちさんも、あっぱれという言葉しか思い浮かびません。
本当にお疲れ様でした。

こてちさんちの食客として、たまにしか登場されないAさんでしたが、その存在感はとても大きくて、Aさんがもういないと思うとさみしくてしかたがありません。
今朝訃報に接してから、まだ、なんだか、だめですねえ。
こてちさん、どうもありがとうございます。
Aさんが一人で旅立たなくて良かった。
Aさんが最後に選んだのは、こてちさんの所。
自分を思ってくれる人、居心地の良い場所を、ちゃんと分かっていたのだと思います。
今回に限らず、こてちさんの勇気ある行動力、尊敬いたします。
そして、Aさん、長年に渡り本当にありがとう。
かっこいい猫生でしたよ。
  • モリ
  • 2013.08.02 Friday 00:08
Aさん、ありがとう。
自分らしくきっぱりと生きる清清しさを
教えてくれて、ありがとう。
ちょっとの間、虹のむこうでバカンスを楽しんで、
またいつか戻ってきて下さい。
待っています。

こてちさん、素敵なAさんを私たちに紹介して下さって
本当に有難うございました。
  • 黒山羊ネコ
  • 2013.08.02 Friday 02:10
おつかれさまでした。ありがとうございました。
  • hiro
  • 2013.08.02 Friday 06:35
時折ブログに登場された食客Aさん、多くを語らずとも何でもお見通しのようなクールな視線で ご自分の最期はこてちさん家にしようと決めていらしたのかも、そして、その時「間違いなかった」ときっと思って逝かれたことでしょう。 自由と食と安らかな終の場所 こてちさんありがとうございました。
Aさん のご冥福をお祈りします。
  • jj
  • 2013.08.02 Friday 06:49
Aさん、安らかに・・・こてちさんと出会えて幸せでしたね
  • noske
  • 2013.08.02 Friday 09:00

  Aさん こんなにも多くの人が Aさんのことを
  気にかけて 心から安らかであることを祈ってます。
  いてくれて ありがとう。
   
  こてちさん ありがとうございました。
  • きゃろりん
  • 2013.08.03 Saturday 07:46
こてちさん、Aさんのお見送りお疲れさまでした。ありがとうございます。
手触りまで感じられるようなご報告に、涙です。
  • なかまち
  • 2013.08.06 Tuesday 15:24
コメントする








 
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
 ■ 主な登場猫たち ■

ひな
ひな(白黒猫17歳くらい)
2004年2月14日からこてち
の母と暮らす大きな女子


てっぺい
てっぺい白茶猫12歳)
2006年 夏生まれ
こてちと暮らす心優しき男子


はなび
はなび(シャムサビ猫10歳)
2008年 夏生まれ
こてちと暮らす強気な女子


食客A
食客A(白黒猫推定16歳)
食客にして毅然たる女子
☆ 2013年8月1日永眠


ゆめ
ゆめ(白黒猫7歳)
2006年夏生まれ
いもうとと暮らす内気な女子
☆ 2013年9月30日永眠


メリー
メリー(メインクーン9歳)
2006年3月生まれ
ウリと姉妹
2013年末、いもうとの家族に

☆ 2015年3月6日永眠

ウリ
ウリ(メインクーン12歳)
2006年3月生まれ
メリーと姉妹
2013年末、いもうとの家族に





Instagram

    ”Instagram"

■買わずに飼おう■












東京キャットガーディアン〜子猫の里親募集〜

犬猫救済の輪

NPO法人犬と猫のためのライフボート〜子犬子猫の里親募集中〜

■BOOKS & MORE■


























ひな姐さんご愛用


はなびのお腹に欠かせません



カビるわが家の必需品





ないと困り果てる!

 

■ 管理人より ■
お立ち寄りくださいましてありがとうございます。
写真および記事の無断転載はご遠慮ください。管理人が不適切と判断したコメントは断りなく削除いたします。
当サイトはリンク・フリーですが、相互リンクはお受けしておりません。
なお記事に直接関係のない英語に関するご質問にはお答え致しかねますのでご理解くださいませ。
☆管理人へのメールは
neko2eigo☆yahoo.co.jp
(☆を@に替えてください)
までお願いします。
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM